スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
展覧会のお知らせ |林 たけお
東京の神田神保町にあるバル、Bilbi(ビルビ)さんで
11月22日(金)〜12月6日(金)に展覧会をいたします。
月と兎のモビールを眺めながらゆったりとお過ごしくださいな。

001_20131113141018695.jpg 2013-11-10 20.23.36


月うさぎ展 林 たけお ペーパークラフト展
11月22日(金)〜12月6日(金)

元古書店の小さな酒場
神保町バル BILBI ビルビ

101-0051
東京都千代田区神田神保町 1-18-8
03-3293-3211
Open 11:30~14:30 17:30~23:30

土・日、祝日はお休みです。
※二階が貸し切りになる場合もありますので、
 お出かけの際は事前にお問い合わせくださいませ。

半蔵門線 都営新宿線 都営三田線 神保町駅A5出口より徒歩2分
https://www.facebook.com/balBilbi

map.jpg



※この展覧会は終了しました。
スポンサーサイト
個展とワークショップのお知らせ
相模原公園のサカタのタネグリーンハウスさんで、モビールの個展をします。

冬の景色

モビール展示 冬の景色
日程:12月3日(火)~27日(金)
場所:県立相模原公園
    サカタのタネ グリーンハウス2F展望室


グリーンハウスは奥に温室がある大きな建物です。
中に入るには入場料が必要です。(18歳以上65歳未満200円 高校生以下無料)
個展を見に来てくださる方は、温室もぜひご覧くださいね。

写真は真っ暗ですが、展示自体は明るい場所です。^^

そしてそして、12月8日は「みんなでクリスマス」のワークショップです。
今回お手伝いいただくのは、山下味希恵先生です。
とってもかわいい作品を作っている工作の先生で、
お手伝いだけではもったいないのですが、お願いしてしまいました。
mikieさんのBLOGをチェックhttp://blog.livedoor.jp/panku718/

201312みんなでクリスマス

紙製オーナメントのワークショップ
みんなでクリスマス


型紙を使い、クリスマスのオーナメントを作ります。
お一人につき、3つ作って、1つはお持ち帰りいただけます。2つはグリーンハウスに飾りますよ。
お持ち帰りになる袋をご用意くださいね!
切る道具はハサミだけ!カッターは使いません。

日程:12月8日(日)
時間:第1部 11:00~12:30(寒いからいつもより30分はじまりが遅いです。)
   第2部 14:00~15:30

定員:60名/1日
参加費:無料(ただし入場料が必要です。18歳以上65歳未満200円 高校生以下無料。)
講師:五十嵐桂 山下味希恵
場所:県立相模原公園(グリーンハウス1Fカフェのあたり)
※道具は全てご用意させていただいておりますが、
はさみはユニバーサルタイプになりますので、左利き用のはさみの方が使いやすい方は、ご持参ください。


神奈川県立相模原公園 http://www.sagamihara.kanagawa-park.or.jp/

神奈川県相模原市南区下溝 3227
TEL 042-778-1653

電車・バスをご利用の方
相模原公園は広大な敷地の為、バス停を3ヶ所設けております。
グリーンハウスへは女子美術大学で降りると近いです。

小田急相模大野駅北口
大15系統2番 原当麻駅・古山経由上溝行 約20分 相模原公園前
大60系統3番 女子美術大学行(※) 約20分 女子美術大学

※7時から9時台の乗り場はグリーンホール前4番となります。

小田急相武台駅前
相27系統 北里経由JR相模原駅行 約20分 相模原公園入口
台13系統 北里大学行 約20分 相模原公園入口

JR相模線原当麻駅
大15系統 北里経由小田急相模大野駅行 約5分 相模原公園前

当02系統 北里大学行 約5分 相模原公園前

JR横浜線相模原駅南口
相27系統 北里経由相武台駅前行 約30分 相模原公園入口

JR横浜線古淵駅
古04系統 麻溝台一丁目経由女子美術大学行 約20分 女子美術大学

お車でお越しの方

国道16号線「鵜野森」又は「若松二丁目」を 西に曲がる(県道52号線)。
道なりに進む 「相模原公園入り口」を直進。
「相模原公園前」東に折れる。 100mで駐車場入り口。
駐車場  土曜・日曜・祝日は有料。平日は無料です。乗用車:300円  大型車:1000円 ※二輪車は無料
Copyright © モビールキャラバンBLOG. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。