スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
秋のモビール・落ち葉とリスの作り方
おまたせしました。「秋のモビール・落ち葉とリス」の作り方を説明します。

秋のモビール

ーー必要なものーー
☆はさみ
☆カッター
☆シャープペンシル
☆消しゴム
☆木工用ボンド
☆糸
☆カッター台など穴をあける時に下に敷くもの
☆アーム用厚めの紙(長さはA4で収まります。)
☆落ち葉、リス、ドングリ用の紙
☆型紙用の厚紙(ケント紙などA4で収まります。)
☆穴をあけるための千枚どおしや画鋲など
☆色紙(サンプルは枝のアームをマーメイド、葉やリス等はタントを使っています。
     枝のアームは厚めのしっかりしたものがよいです。)


型紙をダウンロードして、ケント紙等の厚めの紙に印刷して切り抜き、型紙を作りましょう。型紙をモビールを作りたい紙に重ねて、薄く鉛筆で型をうつしとって作っていきます。

まず、アームになる枝を切り抜きます。ちょっと写真ではわかりにくいですが、濃い茶色と薄い茶色なんです。違う色にすると奥行きが出るのでおすすめです。

1

木工用ボンドなどで貼付け、輪にします。
この2本の枝は、片方はひっくりかえして反転させて張ってくださいね。
(貼る位置は型紙の点線をご参考ください。)
2

リスをぶらさげるための真ん中の枝もボンドでつけます。
上から吊るす糸と垂直になるようにしてください。
ぶら下げる穴は2つ、真ん中にくるようにあけます。
※穴を空ける時やカッターを使う時はテーブル等を傷つけないように
下にカッター台やいらなくなった雑誌等を引いてくださいね!

13



次に葉を5枚切り抜きます。
いろんな色にするときれいですよ。
シャープペンの芯を出していない先や千枚通しなどを使って、曲線折りの線をつけて、
折り曲げます。

4

シャープペンの軸等を使って、葉の茎の部分をくるっとさせます。
5

こんな感じ。
6

葉に糸をつけます。糸は何でもよいのですが、
今回は葉の色と反対のブルー系にしてみました。絹の手縫い糸です。
7

葉は茎の部分だけではなくて、違う場所に糸を通すと
ぶら下げたときに自然な感じになります。
14

枝のアームに葉をつけます。
15
16

放射状になるようにつけてください。
アームは枝の形なので、多少傾いても目立ちませんので大丈夫ですよ。
17

真ん中にリスをつけて
9

11

手にドングリを差し込むとできあがりです。
12

最後にぶらさげて、葉にリズムが出るように糸の長さを調節してくださいね。


五十嵐



スポンサーサイト
秋のモビール・落ち葉とリス:五十嵐桂
秋のモビール

秋のモビール・落ち葉とリスの型紙です。
A4厚紙にプリントアウトして切り抜いてお使いください。
秋のモビール・落ち葉とリス型紙

クリックすると大きい画面が出ますので、それをお使いください。
ブラウザのせいで、A4より小さくプリントされる場合は、そのまま小さいものをお作りいただくか、ドラッグアンドドロップで、ディスクトップに移動させてから、プリントアウトしてみてください。
画像のサイズはA4サイズになっています。

作り方はコチラ


秋のモビール
秋のモビール

先週の台風はすごかったですね~。みなさん大丈夫でしたか?
私は打ち合わせがあるのに電車が止まってしまいました。

台風がすぎ、またぐっと気温が下がって、家の周りでは金木犀が一斉に咲き出しました。甘くて青い香りがただよって、ちょっと幸せな気分です。

そんな秋の気配のするモビール、ようやく出来上がりました。
樹の枝のアームに、落ち葉とどんぐりを持ったリスが揺れるモビールです。
作り方と型紙は次回アップします。

一番長いパーツの枝のアームは、A4サイズの縦の長さで作れますよ。
ちょっと固めのしっかりした紙がおすすめです。

ではまた・・・。

五十嵐
今日から衣替え。すっかり秋ですね。
道を歩いていると落ち葉がたくさん。

ひさびさに秋らしいモビールの作り方をアップする予定ですよ。
お楽しみに!


五十嵐
Copyright © モビールキャラバンBLOG. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。